Hatena::Groupmylinux

今日も元気にlinux

2008-12-27

[][]Ubuntu8.10でemacsを使ってみる(アンチエイリアスフォント) 22:54 Ubuntu8.10でemacsを使ってみる(アンチエイリアスフォント) - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu8.10でemacsを使ってみる(アンチエイリアスフォント) - 今日も元気にlinux Ubuntu8.10でemacsを使ってみる(アンチエイリアスフォント) - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

vimでの日本語入力<->移動モードの切りかえが面倒くさすぎて、emacsを使おうとしてみました。Ubuntu8.10にはデフォルトインストールされていないので、Synapticから"emacs22"とその付属パッケージをインストール→起動。しかしフォントが汚い!どうやらemacs23以降じゃないとアンチエイリアスがかからないらしい。Ubuntu8.10ではSynapticから以下のパッケージをインストールすることでemacs23が使えるようになる。

"emacs"でemacs-snapshotが起動するようにエイリアスを変更

alias emacs ='emacs-snapshot-gtk'

お次はフォントの設定。

/~.emacsというファイルを作成し、以下のように記述

(when window-system
(progn
(set-default-font "VL Gothic-10")
(set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
'japanese-jisx0208
'("VL ゴシック" . "unicode-bmp"))))

フォント名の横の数字はフォントサイズ(ここでは10)。使えるフォント一覧はfc-listコマンドで調べられる。

Ubuntu 7.10 でアンチエイリアスの効いた Emacs を使う - 「侘び,寂び,萌え」 ”wabi , sabi , moe”

404 Error - FC2ブログ

emacs23 によるフォントのアンチエイリアス表示 -実践編-

ubulog: Emacsでアンチエイリアス

Ubuntu 8.10からIPAモナーフォントがデフォルトではなくなります - いくやの斬鉄日記

DebbiKlDebbiKl2017/01/04 22:15зЊ« I bought the cat didn't know what to call him. Found here full list http://allcatsnames.com/cute-cat-names of names for cats.

DebbiKlDebbiKl2017/01/05 19:30зЊ« I bought the cat didn't know what to call him. Found here full list http://allcatsnames.com/girl-cat-names of names for cats.

2008-12-08

[][][][]パッケージ管理システムまとめ 11:31 パッケージ管理システムまとめ - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - パッケージ管理システムまとめ - 今日も元気にlinux パッケージ管理システムまとめ - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

LinuxではWindowsでいうWindowsUpdateみたいなパッケージ自動更新システムがあります。ただWindowsと違ってOSのコアモジュールからサードパーティ(?)製のアプリまで一緒くたに管理されてるのが特徴。なので、メールソフトも音楽再生ソフトも全部同じコマンドで管理できます。

ディストリによる管理コマンドの違い。

Redhat系ではyum、Debiun系ではaptというコマンドを使って管理します。ちなみにディストリによってはsynaptic(Ubuntu)、YaST2(OpenSUSE)などのGUIが用意され、それこそWindowsUpdate的な感覚でパッケージを管理できます。

yumの主なコマンド

パッケージアップデート
アップデート可能なパッケージを一覧表示する
yum check-update
アップデート可能な全てのパッケージをアップデートする
yum update
指定したパッケージをアップデートする
yum update [パッケージ名]

OSインストール後に、まずyum updateするのが常套手段。-yをつけると自動応答モードとなる。

パッケージ検索/情報表示
リポジトリに問い合わせを行い、パッケージの検索を行う
yum search [パッケージ名]
リポジトリに問い合わせを行い、利用可能なパッケージを一覧表示する
yum list
インストールされている/アップデート可能なパッケージを一覧表示する
yum list [installed/updates]
利用可能なパッケージの情報を表示(パッケージ指定可能)
yum info (パッケージ名)

yum list installedはローカルを検索するので早い。インストール/アップデート前に検索するとよい。

yum check-updateとyum list updatesは同じである。

パッケージインストール/アンインストール
指定したパッケージをインストール/アンインストール
yum [install/remove] [パッケージ名]
不要ファイル削除
ダウンロードしたパッケージと古いヘッダを削除する。
yum clean
古いヘッダ/パッケージのみ、削除する
yum clean [oldheaders/packages]

aptの主なコマンド

パッケージアップデート
ソフトウェアダウンロードできるサイトのリストの更新
apt-get update
インストール済みのソフトウェアの更新
apt-get upgrade
パッケージ検索/情報表示
パッケージ情報を収集・更新する
apt-cache gencaches
パッケージを検索する
apt-cache search [検索キーワード]
パッケージの情報を開示する
apt-cache show [パッケージ名]

apt-cache showでは、指定したパッケージのインストール情報も表示される。

パッケージインストール/アンインストール
指定したパッケージをインストール/アンインストール
apt-get [install/remove] [パッケージ名]

apt-getなのに、removeが続くのが違和感。

不要ファイル削除

???

aptはこのほかにもいろんなコマンドがあるみたいなので、公式ページを参考にするといいかもしれない。

APT HOWTO (Obsolete Documentation)

HappyHappy2011/10/18 12:32With all these silly wsebites, such a great page keeps my internet hope alive.

jfebneptjfebnept2011/10/19 02:32atANJv <a href="http://xyolhhpmxqxp.com/">xyolhhpmxqxp</a>

yyxgssmbajtyyxgssmbajt2011/10/20 23:48Eq5Orf , [url=http://jbiviyjgtyqg.com/]jbiviyjgtyqg[/url], [link=http://hfqppleurjoo.com/]hfqppleurjoo[/link], http://mbakfxwtkrxp.com/

DanylloDanyllo2012/08/24 17:30I rcoekn you are quite dead on with that.

hpzvijhpzvij2012/08/27 00:04uWzk4f <a href="http://rgxaozfhlnhn.com/">rgxaozfhlnhn</a>

eymppwloxeymppwlox2012/08/27 22:21G5QhMn , [url=http://cdnwloxejnvq.com/]cdnwloxejnvq[/url], [link=http://oywytudxzawt.com/]oywytudxzawt[/link], http://iyaefsvminzy.com/

2008-11-29

[][]rubyをソースからインストールアンインストール 21:04 rubyをソースからインストール→アンインストール - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - rubyをソースからインストール→アンインストール - 今日も元気にlinux rubyをソースからインストール→アンインストール - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

勉強のためにapt-getではなくソースからrubyインストールしようと試みた。

Ruby Install Guide::UNIX全般

% wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/ruby-1.8.6-p114.tar.gz
% tar -xvzf ruby-1.8.6-*.tar.gz
% cd ruby-1.8.6-*
% ./configure
% make
% su
# make install
# exit
% make clean

これでrubyが/usr/local/bin以下にインストールされた。続いてrubygemsインストールも同じようにソースから。んで、取り合えずgem install rakeしようと思ったらエラーが…。

$ gem install rake
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require': no such file to load -- zlib (LoadError)
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/package.rb:10
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/format.rb:9
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/installer.rb:11
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/dependency_installer.rb:3
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/commands/install_command.rb:4
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb:140:in `load_and_instantiate'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb:65:in `[]'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb:118:in `find_command'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb:104:in `process_args'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb:75:in `run'
	from /usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/gem_runner.rb:39:in `run'
	from /usr/local/bin/gem:24

zlibが入ってないからだなぁとかいろいろ試したんだがどうにも復旧せず、諦めてapt-getでrubyとrubygemをインストールすることにした。

その後、同じようにgem install rakeとすると同じエラーが…(汗 どうやら/usr/local/binの方を優先して読みにいっているようです。

$ which -a ruby
/usr/local/bin/ruby
/usr/bin/ruby
$ which -a gem
/usr/local/bin/gem
/usr/bin/gem
$ set | grep ^PATH
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games

ふむふむ。

  1. /usr/local/sbin
  2. /usr/local/bin
  3. /usr/sbin
  4. /usr/bin
  5. /sbin
  6. /bin
  7. /usr/games

の順番なのね。これを入れ替えるのはまずそうだし、フルパス打てばいいんだけど面倒なので/usr/local/bin以下のrubyアンインストールすることにする。

調べてみた。

調査の結果、ソースからインストールしたアプリアンインストールするのは面倒な作業だということが分かりました。

make unintallが使えない=ほとんどの場合は、Makefileの中身を見るorログを確認してインストールしたファイルを手動で消去する。あるいはこういうツールを使うのでもいいらしい。

make uninstallってほとんどないですよね。だからCheckInstall - devworks

CheckInstall Homepage

あ、けどこれCheckInstallで導入したやつしかアンインストールできないんだよね(汗 もう面倒なので/usr/local/bin以下のファイル全消去することにします。

$ ls -al
合計 2044
drwxr-xr-x  2 root root    4096 2008-11-27 01:45 .
drwxr-xr-x 10 root root    4096 2008-10-30 07:53 ..
-rwxr-xr-x  1 root root    3882 2008-11-27 01:36 erb
-rwxr-xr-x  1 root root     788 2008-11-27 01:45 gem
-rwxr-xr-x  1 root root     379 2008-11-27 01:36 irb
-rwxr-xr-x  1 root root    1543 2008-11-27 01:36 rdoc
-rwxr-xr-x  1 root root    1491 2008-11-27 01:36 ri
-rwxr-xr-x  1 root root 2055069 2008-11-27 01:36 ruby
-rwxr-xr-x  1 root root     153 2008-11-27 01:36 testrb
$ sudo rm -rf *
$ ls -al
合計 8
drwxr-xr-x  2 root root 4096 2008-11-29 18:57 .
drwxr-xr-x 10 root root 4096 2008-10-30 07:53 ..

きれいさっぱりw

その他参考情報

Jewel-mmo開発日記

no title

[][]/etc/fatabで他PCのドライブをマウントするとき、IDとpasswordを外部ファイル化する。 00:05 /etc/fatabで他PCのドライブをマウントするとき、IDとpasswordを外部ファイル化する。 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - /etc/fatabで他PCのドライブをマウントするとき、IDとpasswordを外部ファイル化する。 - 今日も元気にlinux /etc/fatabで他PCのドライブをマウントするとき、IDとpasswordを外部ファイル化する。 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

/etc/fstabで起動時に別PCのドライブを自動的にマウントさせにいくことが可能です。

$ ls -al /etc/  | grep fstab
-rw-r--r--   1 root root       597 2008-11-26 23:29 fstab

//192.168.1.101/D	/home/user01/D	cifs	username=user01,password=PASS01,codepage=cp932,iocharset=utf8,defaults	0	0

とはいえ/etc/fstabはユーザーにも読み取り権限がありパスワードが丸見えなので、クレデンシャルオプションを使用して別ファイルにパスワードを記録します。

//192.168.1.101/D	/home/user01/D	cifs	credentials=/etc/smbpasswd,codepage=cp932,iocharset=utf8,defaults	0	0

$ cat /etc/smbpasswd

username=user01
password=PASS01

んで外部ファイルのアクセス権限を操作し、rootしか読めないようにする。

$ sudo chown root:root /etc/smbpasswd
$ sudo chmod 0600 /etc/smbpasswd
$ ls -l /etc/smbpasswd
-rw------- 1 root root 35 2008-11-29 21:55 /etc/smbpasswd

参考文献

Electronic Genome - /etc/fstabのユーザ名とパスワードを外部ファイル化する

ChietherChiether2012/08/09 17:29さて、make installからのアンインストール。 今更ながらのコメントですが。
私の環境(1.8.7, 1.9.3)での確認ですが .installed.list というファイルができているはずです。

2008-11-24

[][][]XWindowSystemについて 11:56 XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

2種類のXWindow起動方法がある。

1.ランレベル5によるGUIログイン

これは普通。

2.ランレベル3→startx

Redhat系の場合、inittab内のランレベルを変更する、Debian系の場合、update-rc.d -f gdm removeなど、/etc/init.d/gdmを起動させないようにすればCUIログインになる。

startxによって起動された場合、Xクライアントは~/.xinitrc、なければ/etc/X11/xinit/xinitrcを読み込む。どっちがあるかはパッケージによって違うのでlocate xinitrcなどすれば分かる。xinitrcはただのラッパーで本スクリプトはxsessionやXclientsなどになる。どれを呼び出しているかはxinitrcの中に書いてあるので参照する。

同じくXサーバは~/.xserverrc、なければ/etc/X11/xinit/xserverrcを読み込む。

[][][][]XDMの設定について 11:56 XDMの設定について - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - XDMの設定について - 今日も元気にlinux XDMの設定について - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

XDMとはgnomeKDEなど、Windowsでいうエクスプローラのことである。

XDMの設定ファイルの場所について

各種教本では、「XDMの設定ファイルは/etc/X11/gdm(kdm)以下にあるよ」と書いてあるのだが、Ubuntu8.10もCentOS5もそんな所にはファイルを置いていなく、/etc/gdm/以下にパスが変更された。まぁ変更されたってより他のアプリと同じパスに修正されたと言うべきか。

★CentOS5
[user01@eeco gdm]$ ls -al
合計 84
drwxr-xr-x  7 root root  4096  6月 25 05:46 .
drwxr-xr-x 98 root root 12288 11月 24 04:03 ..
drwxr-xr-x  2 root root  4096 11月  5 14:11 Init
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PostLogin
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PostSession
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PreSession
-rwxr-xr-x  1 root root  5536  5月 29 02:19 XKeepsCrashing
lrwxrwxrwx  1 root root    21  6月 25 05:46 Xsession -> ../X11/xinit/Xsession
-rw-r--r--  1 root root  2597  5月 29 02:19 custom.conf
-rw-r--r--  1 root root  4048  5月 29 02:19 locale.alias
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 modules
-rw-r--r--  1 root root    71  5月 29 02:19 securitytokens.conf

★Ubuntu8.10
user01@ubuntu-ice:/etc/gdm$ ls -al
合計 132
drwxr-xr-x   7 root root  4096 2008-11-23 23:36 .
drwxr-xr-x 124 root root  4096 2008-11-24 09:50 ..
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:24 Init
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-10-30 08:07 PostLogin
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:23 PostSession
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:22 PreSession
-rwxr-xr-x   1 root root  4182 2008-10-15 18:56 XKeepsCrashing
-rwxr-xr-x   1 root root  6259 2008-10-15 18:53 Xsession
-rw-r--r--   1 root root   132 2008-10-23 22:40 failsafeBlacklist
-rwxr-xr-x   1 root root  8504 2008-10-23 22:40 failsafeDexconf
-rwxr-xr-x   1 root root  4582 2008-10-23 22:40 failsafeXServer
-rwxr-xr-x   1 root root  7443 2008-10-23 22:40 failsafeXinit
-rw-r--r--   1 root root 34161 2008-11-23 23:36 gdm.conf
-rw-r--r--   1 root root  2142 2008-10-15 18:56 gdm.conf-custom
-rw-r--r--   1 root root  3601 2008-10-15 18:56 gdmprefetchlist
-rw-r--r--   1 root root 10871 2008-10-15 18:53 locale.conf
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-10-30 08:07 modules

CentOSに至ってはgdm.confというファイル名も廃止され、custom.confに変更されている。

CentOS5のgdmの設定 - CreNanの日記

これじゃどの設定ファイルか分かったもんじゃない。このgdm.conf(custom.conf)を編集するといろんな事ができそうなんだが、追っていくときりがないので省略。

[][][]Xサーバの設定 15:57 Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

xdmやgnomeKDEはXクライアントでした。Xサーバの設定については

/etc/X11/xorg.conf

で行う。これはX.org X11の場合で、XFree86を導入しているディストリでは/etc/X11/XF86Configというファイルになる。

といってもメジャーなディストリはほぼ全てX.org X11みたいだが。

これも設定を一つずつ見ていくと大変なのでパス。

[][]リソースの設定 15:57 リソースの設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - リソースの設定 - 今日も元気にlinux リソースの設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

ウィンドウバーの色やフォントの種類をフォントの種類をコマンドラインから設定できますよ、というお話。システム管理ではあまり使わなさそうだし、デスクトップなら普通にGUIから設定するので尚更使わない。

教本には「/usr/lib/X11/以下にファイルがある」と書いてあるが、CentOSは/usr/share/X11/app-defaultsだし、Ubuntuは/etc/X11/app-defaultsだしでいろいろ場所が違う。取り合えずlocate app-defaultsして探すしかない。

[][][]コンピューター名の変更 15:57 コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

hostnameコマンドでコンピューター名の表示、hostname [コンピューター名]でコンピューター名の変更ができる。コンピューター名の変更には管理者権限が必要である。

ちなみにコンピューター名は

  • /etc/hostnameファイル (Debian)
  • /etc/sysconfig/networkファイル (Redhat)

に記載されており、PC起動時にこのファイルを読み込んでホスト名を決定しているようである。が、hostnameコマンドでコンピューター名を変更しhostnameコマンドで新しいコンピューター名を確認できるが、このファイルに即時反映されない。おそらく内部的に値をキャッシュし次回再起動時に反映するのだろう。が、その影響は再起動前から及んでおり、コンピューター名を変更した後sudoするとエラーメッセ−ジが表示される。

user01@ubuntu-ice:/etc$ sudo -i
sudo: unable to resolve host ubuntu-ice3
root@ubuntu-ice3:~# exit

Windowsでもコンピューター名を変更した後は再起動を求められるように、コンピューター名を変更すると各所に影響が出る。やはりコンピューター名の変更というのは簡単なものではなく、むやみに変えるものではない。変えたとしてもすぐに再起動するべきだ。

[][][]ネットワーク設定 15:58 ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

ネットワーク設定は以下のファイル。

★Debian
/etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback


★Redhat
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

# Intel Corporation 82557/8/9 [Ethernet Pro 100]
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=00:10:A4:A6:E5:4C
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

上記はどちらもDHCP設定のもの。固定IPの場合は、その旨を設定ファイルに記載する。

Ubuntuはなぜかループバックアドレス・インターフェイスの設定しか記載されていないが、記載されていないデバイスはデフォルトでDHCPにでもなってくれるんだろう。

[][][]Linuxにおけるssh 15:58 Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

Linuxは特別な設定をしなくても、最初からssh使えて便利ですよ、というお話。

sshの設定ファイル

・sshサーバ
/etc/ssh/sshd_config

・sshクライアント
/etc/ssh/ssh_config

例えばsshd/configを設定することで、パスワード認証じゃなく鍵認証じゃなきゃだめ!とかに設定できます。

SSHの接続方法

ssh ユーザー名@接続先サーバ

2008-11-23

[][][]tmpfsってなんですか? 00:57 tmpfsってなんですか? - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - tmpfsってなんですか? - 今日も元気にlinux tmpfsってなんですか? - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

デバイスの話に関連して、tmpfsという面白い機能を勉強。

tmpfsというのは物理メモリ上に一定量のブロックファイルを作成し(デフォルトで物理メモリの半分)、それを任意のディレクトリマウントしてRAMディスクとして使用できる機能である。

例えば、メモリを3GB積んでるが普段はそんなに使わない。じゃあ、2GBをtmpfsとして/home/user01/chash/とかにマウントして、そこにキャッシュファイルや作業用ファイルなどを置こう。PCを落とすとデータが消えるので必要なら物理ディスク上にコピーしよう、って感じ。

tmpfsが/dev/shmをマウントしている件 - サーバー技術メモ

RAMディスクを作成しHDDへのアクセスを抑制する - ちりあくた

tmpfsってのはファイル名やディレクトリ名ではなくNTFSやFAT32のようなファイルシステム=「機能」として認識するのが正しい。

デフォルト設定

上記で書いたとおり、デフォルトでも物理メモリの半分は/dev/shmにtmpfsとして割り振られる。まぁ/dev以下にわざわざ作業ファイルを保管するのも不自然なので、/dev/shmへのマウントを解除して/tmpやら/home/user01/tmpやら/var/logやらにマウントし直す方が分かりやすいと思われる。それには/etc/fstabを編集し、PC起動時に自動的にtmpfsが働くようにしてやればよい。

tmpfs使うと物理メモリ削るの?

物理メモリの余りを利用して高速のRAMディスクを作る機能なので削ります。ただし削られるのはtmpfsとしてマウントされたディレクトリにファイルを置いたタイミングなので、マウントするだけならタダ。

tmpfs は本当に容量が動的なのか - naoyaのはてなダイアリー

CentOSUbuntuの設定の違い

CentOSは/etc/fstabにtmpfsをマウントする一文が書かれ、/etc/default/tmpfsに書かれている分だけ/dev/shmにマウントするみたいです。まぁデフォルト設定消さなくてもそこにファイルを置かない限りマウントしてないも同然なので気にしなくても問題ないと思いますが。

[][][][]killとkillallについて 21:50 killとkillallについて - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - killとkillallについて - 今日も元気にlinux killとkillallについて - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

killは引数としてプロセスIDを取り、killallは引数としてプロセス名やデーモンの名前を取る。killは1つのプロセスのみを殺すが、killallは名前どおり合致したプロセス名全てを殺す。

kill and killall

例えばテンポラリの対応でPC起動時に起動するプロセスをログオンしたタイミングで殺したい。こういう場合、殺すプロセス名は分かっていてもPIDは毎回変わるので指定できない。こういう時はkillallを使う。

引数がPIDか名前かでコマンド名が違うのが使い辛い。WINDOWSみたいにコマンド同じでオプションで変更できればいいのに。

[][][][][]ユーザー管理 21:50 ユーザー管理 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - ユーザー管理 - 今日も元気にlinux ユーザー管理 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

[][][]シェルの変更 21:50 シェルの変更 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - シェルの変更 - 今日も元気にlinux シェルの変更 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

chshコマンドあるいはusermod -sでシェルの変更ができる。

chsh ←自分のログインシェルを変更
chsh -l ←ログインシェルに指定可能なリストを確認(Redhat系)

指定可能なシェル一覧は/etc/shellsファイルに記載してある。これ以外のシェルも指定可能だが、パスを待ちがうと次回ログイン時にシェルを起動できなくなるので注意。


[][]Ubunturootについて 21:50 Ubuntuのrootについて - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntuのrootについて - 今日も元気にlinux Ubuntuのrootについて - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

Ubuntuでは普通にsu - としてrootになろうとしても無理。なぜならrootパスワードが設定されておらずログインできないから。su -と同じ事をするにはsudo -iでOK。

sudoの設定とか - 今日も元気にlinux - mylinuxグループ

Ubuntu には root のパスワードがない。 : tnomuraのブログ

ところでUbuntuでvisudoするとエディタemacs風味なのが使いにくいんだが、なんとかならんものか…。

ufjjkcagniufjjkcagni2014/06/24 10:57ipdyanzmjovy, <a href="http://www.kmiaejnjsa.com/">shnnpeuoli</a> , [url=http://www.zrvjpvlmxr.com/]btyvgtylvw[/url], http://www.pgbhbonjyn.com/ shnnpeuoli