Hatena::Groupmylinux

今日も元気にlinux

2008-11-24

[][][]XWindowSystemについて 11:56 XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux XWindowSystemについて - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

2種類のXWindow起動方法がある。

1.ランレベル5によるGUIログイン

これは普通。

2.ランレベル3→startx

Redhat系の場合、inittab内のランレベルを変更する、Debian系の場合、update-rc.d -f gdm removeなど、/etc/init.d/gdmを起動させないようにすればCUIログインになる。

startxによって起動された場合、Xクライアントは~/.xinitrc、なければ/etc/X11/xinit/xinitrcを読み込む。どっちがあるかはパッケージによって違うのでlocate xinitrcなどすれば分かる。xinitrcはただのラッパーで本スクリプトはxsessionやXclientsなどになる。どれを呼び出しているかはxinitrcの中に書いてあるので参照する。

同じくXサーバは~/.xserverrc、なければ/etc/X11/xinit/xserverrcを読み込む。

[][][][]XDMの設定について 11:56 XDMの設定について - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - XDMの設定について - 今日も元気にlinux XDMの設定について - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

XDMとはgnomeKDEなど、Windowsでいうエクスプローラのことである。

XDMの設定ファイルの場所について

各種教本では、「XDMの設定ファイルは/etc/X11/gdm(kdm)以下にあるよ」と書いてあるのだが、Ubuntu8.10もCentOS5もそんな所にはファイルを置いていなく、/etc/gdm/以下にパスが変更された。まぁ変更されたってより他のアプリと同じパスに修正されたと言うべきか。

★CentOS5
[user01@eeco gdm]$ ls -al
合計 84
drwxr-xr-x  7 root root  4096  6月 25 05:46 .
drwxr-xr-x 98 root root 12288 11月 24 04:03 ..
drwxr-xr-x  2 root root  4096 11月  5 14:11 Init
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PostLogin
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PostSession
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 PreSession
-rwxr-xr-x  1 root root  5536  5月 29 02:19 XKeepsCrashing
lrwxrwxrwx  1 root root    21  6月 25 05:46 Xsession -> ../X11/xinit/Xsession
-rw-r--r--  1 root root  2597  5月 29 02:19 custom.conf
-rw-r--r--  1 root root  4048  5月 29 02:19 locale.alias
drwxr-xr-x  2 root root  4096  6月 25 05:46 modules
-rw-r--r--  1 root root    71  5月 29 02:19 securitytokens.conf

★Ubuntu8.10
user01@ubuntu-ice:/etc/gdm$ ls -al
合計 132
drwxr-xr-x   7 root root  4096 2008-11-23 23:36 .
drwxr-xr-x 124 root root  4096 2008-11-24 09:50 ..
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:24 Init
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-10-30 08:07 PostLogin
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:23 PostSession
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-11-24 09:22 PreSession
-rwxr-xr-x   1 root root  4182 2008-10-15 18:56 XKeepsCrashing
-rwxr-xr-x   1 root root  6259 2008-10-15 18:53 Xsession
-rw-r--r--   1 root root   132 2008-10-23 22:40 failsafeBlacklist
-rwxr-xr-x   1 root root  8504 2008-10-23 22:40 failsafeDexconf
-rwxr-xr-x   1 root root  4582 2008-10-23 22:40 failsafeXServer
-rwxr-xr-x   1 root root  7443 2008-10-23 22:40 failsafeXinit
-rw-r--r--   1 root root 34161 2008-11-23 23:36 gdm.conf
-rw-r--r--   1 root root  2142 2008-10-15 18:56 gdm.conf-custom
-rw-r--r--   1 root root  3601 2008-10-15 18:56 gdmprefetchlist
-rw-r--r--   1 root root 10871 2008-10-15 18:53 locale.conf
drwxr-xr-x   2 root root  4096 2008-10-30 08:07 modules

CentOSに至ってはgdm.confというファイル名も廃止され、custom.confに変更されている。

CentOS5のgdmの設定 - CreNanの日記

これじゃどの設定ファイルか分かったもんじゃない。このgdm.conf(custom.conf)を編集するといろんな事ができそうなんだが、追っていくときりがないので省略。

[][][]Xサーバの設定 15:57 Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux Xサーバの設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

xdmやgnomeKDEはXクライアントでした。Xサーバの設定については

/etc/X11/xorg.conf

で行う。これはX.org X11の場合で、XFree86を導入しているディストリでは/etc/X11/XF86Configというファイルになる。

といってもメジャーなディストリはほぼ全てX.org X11みたいだが。

これも設定を一つずつ見ていくと大変なのでパス。

[][]リソースの設定 15:57 リソースの設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - リソースの設定 - 今日も元気にlinux リソースの設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

ウィンドウバーの色やフォントの種類をフォントの種類をコマンドラインから設定できますよ、というお話。システム管理ではあまり使わなさそうだし、デスクトップなら普通にGUIから設定するので尚更使わない。

教本には「/usr/lib/X11/以下にファイルがある」と書いてあるが、CentOSは/usr/share/X11/app-defaultsだし、Ubuntuは/etc/X11/app-defaultsだしでいろいろ場所が違う。取り合えずlocate app-defaultsして探すしかない。

[][][]コンピューター名の変更 15:57 コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux コンピューター名の変更 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

hostnameコマンドでコンピューター名の表示、hostname [コンピューター名]でコンピューター名の変更ができる。コンピューター名の変更には管理者権限が必要である。

ちなみにコンピューター名は

  • /etc/hostnameファイル (Debian)
  • /etc/sysconfig/networkファイル (Redhat)

に記載されており、PC起動時にこのファイルを読み込んでホスト名を決定しているようである。が、hostnameコマンドでコンピューター名を変更しhostnameコマンドで新しいコンピューター名を確認できるが、このファイルに即時反映されない。おそらく内部的に値をキャッシュし次回再起動時に反映するのだろう。が、その影響は再起動前から及んでおり、コンピューター名を変更した後sudoするとエラーメッセ−ジが表示される。

user01@ubuntu-ice:/etc$ sudo -i
sudo: unable to resolve host ubuntu-ice3
root@ubuntu-ice3:~# exit

Windowsでもコンピューター名を変更した後は再起動を求められるように、コンピューター名を変更すると各所に影響が出る。やはりコンピューター名の変更というのは簡単なものではなく、むやみに変えるものではない。変えたとしてもすぐに再起動するべきだ。

[][][]ネットワーク設定 15:58 ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux ネットワーク設定 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

ネットワーク設定は以下のファイル。

★Debian
/etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback


★Redhat
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

# Intel Corporation 82557/8/9 [Ethernet Pro 100]
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=00:10:A4:A6:E5:4C
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

上記はどちらもDHCP設定のもの。固定IPの場合は、その旨を設定ファイルに記載する。

Ubuntuはなぜかループバックアドレス・インターフェイスの設定しか記載されていないが、記載されていないデバイスはデフォルトでDHCPにでもなってくれるんだろう。

[][][]Linuxにおけるssh 15:58 Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux Linuxにおけるssh - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

Linuxは特別な設定をしなくても、最初からssh使えて便利ですよ、というお話。

sshの設定ファイル

・sshサーバ
/etc/ssh/sshd_config

・sshクライアント
/etc/ssh/ssh_config

例えばsshd/configを設定することで、パスワード認証じゃなく鍵認証じゃなきゃだめ!とかに設定できます。

SSHの接続方法

ssh ユーザー名@接続先サーバ