Hatena::Groupmylinux

今日も元気にlinux

2008-05-31

[]CentOSインストール 00:06 CentOSをインストール - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - CentOSをインストール - 今日も元気にlinux CentOSをインストール - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

ということでCentOSインストールなんですが…。

f:id:teraco:20080601000538j:image

最初の所でHDDを見つけられず失敗…。どうしたもんかといろいろ調べて結局VMの設定ファイルで

scsi0.virtualDev = "lsilogic"

としてやることでHDDを見つけれくれました。VMで用意されてるRedHatテンプレートはbuslogicを使う設定だったけど、CentOSはLSIlogicみたいね。って理由なのかな?いまいち自信ないけどインストできたのでOK。

f:id:teraco:20080601000537j:image

GUIで設定するならI/Oアダプタの箇所を変更してやればいいと思うよ!

[]UbuntuVMイメージをDLして使ってみる。 23:52 UbuntuのVMイメージをDLして使ってみる。 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - UbuntuのVMイメージをDLして使ってみる。 - 今日も元気にlinux UbuntuのVMイメージをDLして使ってみる。 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

意気揚々とUbuntuVMイメージを起動したのですが…重い。ターミナル開くだけでも結構待たされる。ニコ動はカクカク。CPUは100%。「最近のLinuxWinを超えるくらいグラフィカルだが重くなった」ってのは本当だったのね…。ちなみにホストOSWinXPハードウェアCPU:AthlonXP BE-2300 メモリ3GB。VM側はCPUの割り当て1個にメモリ256MBです。

ちょっとVMの設定を変更

f:id:teraco:20080531235001j:image

CPUの割り当てを1個から2個に(写真は1つの状態のもの)

f:id:teraco:20080531235000j:image

メモリを256MB→512MBに変更したところ、大分軽くなりました。ニコ動は厳しいけどターミナルの起動は大丈夫なレベル。その代わりホストOSCPU使用率が50%くらいに上昇しました(汗 しかもこの状態でも別で建ててるPenⅢ500MHz:320MBのThinkPadX20(CentOS5.0)に負けとるがな...

考えられる原因は

どっちの可能性もあるなぁ。比較のためにCentOS5.0をVMに入れてみる事にしました。

そしてついでにOpenSUSEとUbuntu8.04も入れちゃおう!とCentOS5.0のインストール中に決めたのでした。

[][]クライアントLinuxディストリを使ってみる。 23:46 クライアント系Linuxディストリを使ってみる。 - 今日も元気にlinux を含むブックマーク はてなブックマーク - クライアント系Linuxディストリを使ってみる。 - 今日も元気にlinux クライアント系Linuxディストリを使ってみる。 - 今日も元気にlinux のブックマークコメント

CentOSだけじゃアレなので他の有名なLinuxディストリも試してみる。WinXPにVMWareServer入れてその中で実験。

といってもLinuxディストリの事は(Redhat以外)あまり判らないのでいろいろ調べたところ、どうやらUbuntuOpenSUSEクライアントLinuxの中で1,2を争っているらしい。

UbuntuOpenSUSEかどっちにしようかなー。DLしやすい方かなーと調べていたところ、Ubuntu公式サイトでVMWareのイメージを配布しているのを発見。

仮想ハードディスクイメージのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

一方openSUSEISOイメージの配布だけ。

no title

てことで、Ubuntuを使ってみるとにした。